行列に並ばないで訴えてやる!

弁護士に頼むと赤字になる。ならば、自分で訴訟を提起すればいい。頑張る読者の皆さんの応援します。

虚偽DV→保護命令→連れ去り→親権強奪リンク集

連れ去りは児童の人権を無視している。

奪う行為は、例えば、「生んだ子供だから」と私物化している表れ

世界では、わずかなお金の為に我が子を売る人身取引が後を絶たない。

お金の為じゃない、親権の為だからと良い?と利益獲得を正当化する。

「自分の利益の為に児童の人権を強奪する行為」という

国際基準から鑑みれば同じである。

日本が国際的には常識を疑われ、未熟国とされている。

その理由は

現在、日本の裁判所は、親権の問題について、管轄権は「裁判所に申立てられた時点で、子どもの居る場所」としています。

つまり、昔なら峠を越えたら罪になる事も

今は各自治体の管轄する裁判所を超えても

「裁判所に申し立てられた時点で、子どもがどこで監護養育を受けているのか。」

1週間でも良いのです。

ハーグ条約の真実 - ハーグ条約の真実

 

DVは「罪は無し」「嫌疑無し」「嫌疑不十分」であれば虚偽DV

自信を持って、相手の面会交流の消極性を主張しましょう。

 

でっちあげDVは、失策。DV加害者だと自白しちゃいなよ。

虚偽DVは、そそのかした弁護士が儲かるだけで、得策ではないという理論です。

 

子供の連れ去り問題について、人権国家の一員という立場から考える。

日本は連れ去りを容認しているが、世界の中で、この日本の常識は「非常識」との見解。

国会 - 親子断絶防止法 全国連絡会

議員が現行法に異議を唱えています。

 

 連れ去りの禁止理由 - 親権と子の福祉

 母親が子を連れ去った場合、「子育ては母親が担ったほうが好ましい」といった母性神話が言われることがあります。しかし養育能力は性差で決まるものではなく、また養育能力の優劣に関わらず子どもは両親に愛着を感じています。両親のどちらが連れ去ったとしても子の福祉を害する行為であるとの見解。

 

カキコミ板 - NHK福祉ポータル ハートネット - NHKオンライン

妻が虚偽DVを訴えて子どもを連れ去り、夫から引き離すことが社会問題化しています。この行為を裁判所が容認するために、発生件数が増加しているとの報告。

 

 内閣府発行の書物でさえ、「夫」と記載してあり、「妻」との記載はない。